自分はFtXなのか?

FtX関連
この記事は約5分で読めます。

性別の違和感について、リアル知人も見ているところで書いたのは人生の中で去年が初めてでした。その時の記事が「悩ましい性自認」です。

その後、noteを知っているリアル知人が新たに増えました。にもかかわらず更に書き足した性別の違和感の話題が「子宮がん検診で希望を抱いた性別違和感人」です。

その後も人に話す機会が増えてきて、だんだん、もっと深く性別の違和感について語りたい気がしてきました。その後、当サイトを開設したので、性の違和感のカテゴリを作ってあります。

しかしながら、私にはよくわからないことがあります。それが「私はFtXに該当するのかどうか」です。

性自認は男性に近い気がする

悩ましい性自認」にも書きましたが、私の性自認は概ね男性なのではないかと思います。自分の肉体に対しても男性であってほしいと思う部分が強いです。

妥協して女性として社会生活を送っていますし、性の違和感についてカミングアウトしたことがない相手には女性として接しているので、そういう意味ではFtXかもしれません。

ですが、自分に女性である余地が無いように思うのです。肉体は女性ですし、今までの社会生活は女性として送っているのですが、心は男性なのではないかと思うのです。少なくとも女性ではないと思ったエピソードが「子宮がん検診で希望を抱いた性別違和感人」です。

女装はしていましたが、女装をすることで「女らしい」と言われる機会が増え、苦痛を感じ始めています。

Xジェンダーの人がなんとなく苦手

性の違和感をオープンにするようになってから、改めてXジェンダーの人たちのインタビュー記事をいくつか見ました。そうしたところ、Xジェンダーの人たちの性別不明な感じをどうも苦手に感じる自分に気づきました。

具体例は挙げませんが、FtXの方々で男性と思うような外見で胸もある人がいます。そういう人たちの写真を見て、私は嫌悪感を抱いてしまったのです。これは本能的なものなので、どうしようもありません。

その人たちには自分らしく生きてほしいですし、性別が不明瞭な外見を好ましいと思うなら貫けばいいと思うのです。ですが、私は見ていて苦手なので、距離を置きたく思いますし、同類になりたくないという気分にもなってしまいました。

一方で、MtFの方々の肉体が男性でありながら女性であろうとする姿には、そんなに抵抗がないのです。それがなんとも不思議なところなのですが、それもやはり自分の性自認や性的志向に関わっているのではないかと思います。「男性がどうしようと別に構わないけれど、女性には女性らしくしていてほしい。女性が男っぽくなるのは好ましくない」というような、男性のエゴのような感覚が自分にもあるような気がしました。

服装も男装に戻しつつある

パーソナルカラー診断と骨格診断を受けたあと、骨格診断式の「似合う服」を身につけるようになりました。私はストレートタイプで若干ウェーブ要素もあるそうで、似合う服というとタイトスカートやVネックのTシャツ・ニット等。女らしさが際立つ服装なのです。

そうしてそういう服装で人前に出るようになったら、「女らしくなった」「女になった」「女の子はオシャレでいいね」などと言われるようになり、それが苦痛でたまらなくなったのです。

なので、服装も男装に少しずつ近づけたいと思っています。もっとも、性別不明な服装に私自身が苦手意識を抱いてしまうので、講師など人前に出るときには女性っぽくなるようにしたいと思っています。

まとめ:「FtX」に疑問がある

社会生活を女性として過ごす以上、私はFtXなのでしょうか……。少なくともFではないし、Xにも苦手意識があるので、私はいったいなんなんだろうと改めて思う日々です。FtMって言ったほうが、性自認としては近い気がするのですが……。

余談:FtX・FtMの服装の工夫

男装に戻したくなったあと、私の骨格診断をしてくださった方にもう一度相談しに行きました。その方はトランスジェンダーの方が肉体の性別ではなく心の性別に見えやすくなるためのアドバイスも提供しています。アドバイスは以下のような内容でした。

  • 体のラインを出さない。
  • パンツスタイルにするだけで中性~男性っぽくなる。
  • 髪型を男性でもありえるものにする。

体のラインが見えるとどうしても女性的になってしまうので、男性のような直線のラインを目指すにはラインの出づらい服が無難とのことでした。トップスをボトムスの中に入れるのが最近の流行ですが、入れるとラインが出やすいので、出しておくという手があるようです。

パンツスタイルについては、男性と女性のカジュアルファッションの差を画像で見せていただき、靴と髪型以外はだいたい共通していると教えてもらいました。服装の男女差はボトムスの印象が大きく、スカートだと女性に見え、パンツだと男性~中性になるそうです。

靴はスニーカーや、ヒールのないパンプスなどが良さそうです。また私は腕時計が男物なのですが、小物の印象でも変わってくるようです。

髪型は女性でも男性でもありえるショート(男性としては長め)にしてみました。雰囲気が近いのはこういう感じですね。こんなにキレイじゃないけど。

男性の骨格もストレート、ウェーブ、ナチュラルと呼びますが、女性の骨格とは似合う服は全然違ってくるそうです。

胸もつぶしたい

いくらラインを隠そうが胸が膨らんでいたら無意味だと感じます。胸はナベシャツやらなんやらで引き続き潰したいと思います。下垂はもう今更なので考慮しません。私が使ったことがある製品の感想はこちら。

ラインを隠すという観点からは、美成産業のフラットタンクも近い発想な気がします。

クラウドファンディングをやっていたことに全然気づかずに買い逃しました。気になる……。

いずれにせよ、私が自分らしく生きるための難関のひとつが性の違和感問題であると感じます。どうにかして乗り越えたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
にほんブログ村
書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

FtX関連
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました