FtX関連

FtXやセクシャルマイノリティに関連する話題

FtX関連

望む性に「なりたい」と思うのは変身願望?トランスジェンダーの悩み

15年くらい前の大学生のころ、成人式で振袖を着るために着物用下着を着て、平らになった胸を見て 白崎 これが本当の自分だ! と思いました。えも言われぬ解放感で、とても嬉しくなったのを今でも思い出します。 それまでも自分の...
FtX関連

性別適合手術の費用軽減の可能性-保険適用はほぼ必須

白崎 性別適合手術を保険適用で受けたい。 保険適用の手術っていうと安そうなイメージがありますね。性別適合手術の費用は、内容によりますが70万~数百万となり非常に高額で、その上、全額自己負担となるケースが大半です。 保険適用と...
FtX関連

胸オペへの恐怖と「本気の悩みじゃないのでは」という苦しみ

胸が存在し続けるのは不快だ。でも、手術は怖い。 切り取ってしまいたい。でも、手術は怖い。 先日診察を受けて以来、そう思うようになったのですが、余計に自分を追い詰める感覚が一つあるのを感じます。 白崎 本気度が低いせいでこ...
FtX関連

性同一性障害の相談をしに病院に行ったら、かえって悩みが深くなった

自分が性同一性障害なのではないかと思って病院に相談に行ってみました。 と書くとあっさりなんですが、本格的に悩み始めてから病院に行くまでに15年かかりました。1年や5年の誤字ではなく15年です。fifteen yearsです。 ...
FtX関連

GID(性同一性障害)学会認定医の病院リンク集

性同一性障害の診断を受けたいなあと思っても、地元の病院でなかなか受けられないので、「GID(性同一性障害)学会 認定医一覧」を参考に認定医の病院を調べるついでにリンク集を作りました。敬称略です。2019年10月2日現在の情報です。 ...
FtX関連

性の違和感の話は、なぜ人に言いづらいのだろう?

私は自分に性の違和感があると堂々と人に言えるようになったのは35歳になってからです。それまでは、違和感があってもなかなか人に明かせずに悩んでいました。 ネット上など、顔の知らない相手には逆に言えるのですが、リアルの知り合いには性の違...
FtX関連

男装から女装に変わって、また男装に戻ろうとしている話

私の人生には女装の時期と男装の時期があります。そのことをざっと振り返って、服装の悩みと最近の服装の工夫について書いてみたいと思います。 幼稚園~高校時代 幼稚園のころ、制服はスカートだったのですが、普段着はブレザーとズボン(ジ...
FtX関連

性自認と一人称の切っても切れない関係

日本語の一人称には性差があります。「ぼく」「オレ」などは男性、「あたし」などは女性という感じですね。それがセクシャルマイノリティの人間にとっては悩みの種のひとつです。 最近「ぼく」がしっくりくる 最近、ネット上のごく一部のプラ...
FtX関連

性の違和感と生きる意欲の関係

私は子どものころから「自分が女性でない気がする」という感覚を抱いて生きてきました。人にオープンにできるようになったのはつい最近、35歳半になった頃からです。 初めて他人に相談したのは大学生のとき 母親があまり偏見のない人なので...
FtX関連

ひきこもり経験者やご家族にパーソナルカラーを知ってもらうイベントを開催しました

ずいぶん前(2017/11/29 1年9ヶ月くらい前)に、「ひきこもりの人ほどオシャレをしたらいいと思う」という記事をnoteに書きました。 その後、地元のカラーコーディネーター・今村美香さんにパーソナルカラー診断と骨格診断を含む「...
タイトルとURLをコピーしました