札幌ひとり外食・狸小路「マニータイ」でパッタイを食べてきた

雑記
この記事は約2分で読めます。

去る2月下旬、トランスジェンダーの相談のために札幌のメンタルクリニックに行くついでにひとり外食しに行きました。2ヶ月に一度の至福の時間です。

白崎
白崎

ひとりで外食するのが一番楽しい!

行った先は狸小路の「マニータイ」というタイ料理のお店。

ランチメニューはそんなに種類が多くないのですが、その中でまだ食べたことがなかったパッタイを頼んでみました。

びっくりするほど高速で出てきました。数分しか経ってなくない……? 私がぼーっとしてただけ……?

パッタイとは、タイの米粉麺を使った「焼きそば」風の料理です。味付けはもちろんタイ風。サラダには何故か揚げ春巻が乗っていました。太っ腹~。

味は辛味が控えめで、ほとんど辛くありませんでした。濃厚な風味で美味しい! 食べやすい味なので、タイ料理初心者でも気軽に食べられるのではないかと思います。

ただ、このお店はキャッシュレス決済不可でした(少なくとも当時)。キャッシュレス主義の方はご注意を。

気軽に行けないお店なのが惜しい! 他のメニューも食べてみたかったです。

雑記
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました