2019年冬・ユニクロのエクストラファインメリノウールシリーズを下着にしてしまおう!

雑記
この記事は約10分で読めます。

冷えの大敵・汗冷え。その対策として有効なのが、天然繊維であるシルク(絹)とウール(毛)です。シルクは耐久性がなく、お手入れが難しいですが、ウールはシルクよりは耐久性があります。お手入れはオシャレ着洗い洗剤で洗うだけと手軽。

ウールはチクチクするというイメージが強いかと思いますが、メリノウールはチクチクせず、肌寒い時期の下着に最適です。

この記事は以前noteに書いた記事を書き改めたものです。

汗冷えのしんどさに今頃気づく

運動量が増えた2017年辺りから、なぜかそれまでの人生よりも断然に冷えを感じるようになり、ずっと解せない思いでいました。ほとんど運動をしなかった時期(うつ病などで家に閉じこもっていた時期の数年間)は冷えと無縁だったにもかかわらず、活動的になり運動量が増え、ウォーキングなどもよくするようになってから、逆に冷えるようになったのです。思えば自転車通学をしていた高校生の頃も冷えには悩んでいました。「運動をすると筋肉が増えて冷えにくくなる」という説もあるというのに、一体なぜ。

そう思いながら冷え対策をいろいろ試しているうちに、2018年の冬、やっと「足先の冷えは汗冷えだった」と突き止めました。「汗冷え対策」はそれまでの人生で一度も考えたことがありませんでした。おそらくは運動をよくするようになって発汗量が増えたため、汗冷えに苦しんでいたのでしょう。

足先の汗冷えを防ぐために

ちなみに、足先の冷えを解決してくれたのは【日本製】COOLMAX 正規品《5本指 オープントゥ ハーフ ソックス》でした。

それまでも五本指ソックスは使っていましたが、綿では足先が湿ってしまい、それに伴って猛烈に冷えます。足先が冷え切ることで全身が冷えます。それがあまりにも苦しかったのです。

ところが、このハーフソックスを先丸綿ソックスの中に履くだけで足先が暖かく保たれるのです。低気温で一時的に冷えることはありますが、暖かい場所に行けば暖まります。以前は一度冷えたが最後、靴下を履き替えるまで冷えっぱなしでした。

汗冷え対策に興味を持ち始める

そんなわけで「汗冷え対策」に興味を持っていろいろ調べてみたところ、登山家やアスリートの重大な関心事でもあるらしく、様々な情報が引っかかりました。特に冬に焦点を絞ると、冬山登山などで暖かく過ごすための製品や、そういう製品を日常生活で冬場使っても快適だったという話がよく出てきます。

その中で私の体感的に、二大人気が「絹(シルク)」と「毛(ウール)」。ウールはチクチクして肌が荒れるので苦手意識がありましたが、「チクチク感がほとんどなく、冬は暖かく保ち夏は涼しく保ち、抜群の放湿性で汗冷えとも無縁」とあちこちで書かれているメリノウールに興味を持ちました。

実はシルクも似たようなことは言われているのですが(夏涼しく冬暖かく放湿性がよい)、メリノウールとシルクでは、シルクのほうがよりデリケートでメリノウールのほうが手入れしやすいようなので、メリノウールのほうにより強い関心を抱きました。

メリノウール製品を買いたいと思って調べてみた

そこであれこれ調べてみて、品質がよく価格が安価なブランドとしてモンベルを知りました。しかしながら、モンベルのメリノウールのアンダーシャツは、最も薄手の一年中使えるモデルですら3700円。私は収入が不定期な在宅アルバイターだったのでちょっと買い込むのが難しく、しかしメリノウールの下着や靴下は着てみたくて、どうにかならないものかと悩んでいました。

そこへ偶然発見した「UNIQLO エクストラファインメリノには裏技がある!」という記事。

エクストラファインメリノウール製品があるのは知っていましたが、「セーターを下着として着る」というアイディアに目からウロコが落ち、値段を調べてみましたら、なんと! 2019年2月22日現在、990円の大特価で販売しています(女性用の場合)。モンベルのシャツを1枚買うのと同じ金額で、4枚くらい買える。これはもう買うしかないと思って購入し、2019年の春先から真夏以外は下着として使用していますが、非常に快適です。

メリノウールを下着にするメリット

半年近く下着として使用し、メリノウールは下着として非常に優れた繊維だと実感しました。春・秋・冬の3シーズンに渡って活用できます。なのでメリットだと思っている点を書きます。

汗冷え対策

メリノウールの最大のメリットは「寒くない」「暑くもない」という点です。

私は北海道に住んでいるので、冬は屋外の寒さと屋内・乗り物内の暑さの寒暖差地獄によく陥ります。自閉スペクトラム症に多い「暑がり兼寒がり」なので、「寒さ対策に着込みすぎて暑くて気が狂いそうになる」という経験をたびたびしています。その上、汗冷えもします。しんどかった……。

そこでメリノウールを上半身だけですが下着にしてみたところ、暑いくらいの気温になることはあっても汗冷えはしません。暑いからと上着を脱いだときに、油断して冷えすぎて、そのあと暖まらないという経験を私は頻繁にしていたのですが、ちょっと涼しくなりすぎたなと思って着直すとすぐ暖まるという快適性に巡り会えました。

メリノウールは冷え性の人のほかにも、自閉スペクトラム症者の一部にいる体温調節が苦手な人にもいいかもしれません。

乾燥によるかゆみ対策

私は冬場に肌が乾燥し、胴体や腕がかゆくなります。しかしメリノウールセーターを下着として着用してから、乾燥によるかゆみが激減しました。他に変えたことは何も無いので、メリノウールの恩恵であることは間違いありません。

メリノウールには化繊と違って乾燥を防ぐ力があります。逆に化繊は肌を乾燥させる性質があり、特に発熱下着は注意が必要です。乾燥肌で寒がりの人にはメリノウールが非常におすすめです。

他社もあるのになんでユニクロ?

ユニクロにはエクストラファインメリノウールというシリーズがあります。品質がよく、さらには安く、洗濯機で手入れ可能という優秀な製品です。

価格に関して言うと、上の方でも書きましたがメリノウールの下着で安いと評判のモンベルが薄手のものでも3700円なのに対して、ユニクロではモデルによりますが2990円以下です。セールで更に安くなります。コスパが抜群なのです。

また私は触覚過敏でして、チクチクする服は着ていられないのですが、ユニクロのエクストラファインメリノウールセーターは下着としても不都合は感じませんでした。

ユニクロのエクストラファインメリノウールセーターは非常に薄手で、これを服として着るのはちょっと信じられないと思うくらいです。服として着ても薄手なのに非常に温かいです。かなりの薄手なので、厚みが本当に下着として理想的です。

問題点

問題点としては、以下のことがあります。

  • 着丈が少し短いこと
  • 袖がやや長いこと

着丈に関しては、元々下着でない上にサイズ小さめを買っているので仕方がないのですが、もう少し長さがほしいなぁという感じです。一応お腹はだいたい覆ってくれますが、ちょっと短いので、別途腹巻きがほしい感じがしてしまいます。

袖に関してもちょっと長めで、外の服から見えうるので、袖口を折り返すなどの工夫がいります。薄手なので、袖を折り返してももたつくことはありませんが、ちょっと煩わしい気はします。

またウールは洗濯を繰り返すとだんだん縮んでくるようです。長く使うためには少しゆとりのあるサイズがいいかもしれません。

下着によさそうなエクストラファインメリノウール製品

以前購入したときはシーズン外れのバーゲン品を格安でゲットしたのですが、今回は下着によさそうな製品に目をつけておきたいと思いました。

ここら辺が値下げしてたら下着に良いかもなーと。

長袖は私は足りているので、5分袖かベストがほしい感じです。外に着るわけじゃないのでサイズが合えばレディース・メンズどちらでもいいのではと思います。下着目的ならむしろメンズのほうが丈が長くていいかもですね。長袖は袖の長さに注意ですが、ベストは使いやすそうに思えます。

サイズは私は普段はXLサイズですが、2019年初めには下着としてはSを買ってみました。伸縮性があるのでほどよいフィット感ですが、半年以上も着て洗っていると縮んできて少しきついかなという気がしてきます。MサイズかLサイズくらいでもよかったかもしれません。(Sはバーゲンで多数あったので買いやすく、MやLはほとんどなかったのです……)

今冬(2019年下半期)の製品はゆったりめにできているようなので、フィット感を重視する方は店頭で試着した方が良いですね。

メンズを買うなら私の場合SかMがほどよいサイズのようなので、フィット感が大切ならXSでもいいかもしれないです。洗濯で縮むことを考えるとSかMでしょうか。

他の部位の防寒対策

アンダーシャツだけでなく、タイツなどもメリノウールにしたら温かいかなあという発想から、各部位の防寒を考えてみました。全身メリノウールにしてみたい。

タイツやショーツ

汗冷えに関しては、2018年夏はGパンの下にレギンスを履かないと寒くて外に出られませんでした。Gパンが汗を全く吸わないので、ウォーキングに行くと汗で猛烈に冷えるのです。

そこでコットンのレギンスを履くようにしたら、夏の汗冷えは回避できるようになったのですが、メリノウールのタイツならもっと快適なのかなぁと興味があります。冬にズボンの中に履くのもいいでしょうし。もっとも現時点では冬場は綿のレギンスですが、不都合はありません。

シャツとしてセーターを着てみた感想からいくと、ショーツも良さそうだなとも思います。それについては安さと丈からこちらが気になっています。

靴下

私はやはり冷えがしんどいのは足先です。それに関しては靴下をメリノウールにし始めました。手始めに安価な製品を見つけたのでこちらから。

この靴下はさほど薄くはありませんが、夏場でも暑いことはなく快適です。冬はまだ試していないのでわかりません。

ただ、3足買いましたが半年くらいで次々と穴があきました。お値段がそれなりなので、自力で繕いました。穴を繕う気がなければ長く使うのは難しいかもしれません。

メリノウールの登山用靴下が冬の靴下としてとても良いと聞くので、試してみたいと考え、2019年の冬に備えてダーンタフバーモントの靴下を買いました。生涯保証の一生履ける靴下です。ダーンタフバーモントの靴下は商品名が呪文みたいなので慣れないとわかりづらいですが、マイクロクルーのクッションにしました。

今年の冬はこれを試してみます! もう何枚かほしいな!

手袋

屋外用

屋外用手袋として、メリノウールの手袋はどうかと検討しましたが、汗と同じくらい警戒しなくてはならない風を防ぐため、モンベルの防風手袋を使うことにしました。これがまた寒くないし、暑くない。非常に快適です。のちほど詳しくレビューを書きます。

mont-bell モンベル ウインドストッパートレッキンググローブ Women's

メンズはこちら。

mont-bell モンベル ウインドストッパートレッキンググローブ Men's

室内用

現在のところ、冬の室内用の手袋は841のハンドウォーマーです。

安物の毛糸の手袋は手に湿疹ができてしまうのですが、こちらのコットンのハンドウォーマーは肌に優しいです。メリノウールのハンドウォーマーもあったら使ってみたいですね。シルクでもいいかなぁと思わなくもないのですが。

シルクだったらこれがいいな……。毛玉ができやすい製品のようですが、屋内用は人に見せることもないので。

まとめ:冷えに対策して快適に冬を過ごそう

私は冷えを感じると精神的な不調が強くなります。健康のためにはできるだけ冷えたくないので、冷え対策は今後も続けていきたいと思います。

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

雑記
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました