札幌ひとり外食・狸小路「El Tope」中南米料理が絶品!

雑記
この記事は約3分で読めます。

先日、通院で札幌へ行ったとき、雑誌「HO」で気になった中南米料理のお店「El Tope」で晩ごはんを食べてみました。

場所は狸小路商店街の西の端っこから少し南にあるビルの2階です。外に螺旋階段があります。階段をちょっと上ったのでここが2階かなーと思ったら、そこは1階でした。ビルの表示をよく見ましょう!

店内はラテン音楽がかかっていて陽気。新型肺炎が流行り始めて外出自粛要請が出ていた日だったので、ほかにお客さんがいませんでした。

美味しそうなメニューがたくさんあったのですが、悩んだ末に

  • サボテンのサラダ
  • ラム肉のコリアンダー煮込み
  • チョリソー

を頼んでみました。

ビールはメキシコならコロナとよく言われるので、ずっと気になっていたコロナビールをせっかくの機会に。新型コロナウイルスとは関係ありません。

コロナビールにはライムが差してありますが、果汁を絞って入れると抜群に美味しかったです。ライムのさわやかな風味がコロナビールの軽い味わいを引き立ててくれます。ただでさえ度数も低め(4.5%)で飲みやすいコロナビールが、更に飲みやすくなってしまい、飲むペースが早くなって危険でした。

白崎
白崎

瓶ビール1本が限界の下戸は避けるべき飲物だ……。

手前のお皿はお通しのミニタコスです。クリーミーで美味しかった。

サボテンのサラダは、食感が面白くて楽しんで食べられましたが、食べていてだんだん寒くなっていきました。水分が多めで、しかも冷たいので、寒い時期に食べるものではないかもしれません……。夏に食べると涼しくなっていいかも。

続いて「ラム肉のコリアンダー煮込み」。コリアンダーとはパクチーのことです。好きなので頼んでみたら、なんとお芋も煮込まれていました。

このじゃがいも(たぶん)がね……クリーミーな香りがするんですよ……。しっかり火が通っているのに少しも煮崩れていなくて、しかも甘いクリームのような香りで、いやあ美味しかったです。

お肉のほうはフォークで切れるほど柔らかく、噛んでいると旨味が染みだしてくる感じ。しっかり腹にたまりますし、思っていた以上によいメニューでした。

店員さんがおすすめしていたチョリソーも気になって頼みました。2種類選べるのですが、選んだほうを忘れました……選ばなかったほうはハバネロ。これもまたスパイシーで美味しく、ポテトクリームとも良く合います。酒のつまみに良さそうです。

メキシコ料理が好きなので行ってみた「El Tope」、タコスも食べてみたかったです。気軽に行けない立地なのが惜しい! また札幌に寝泊まりすることがあったら行きたいです。お気にいりのビジネスホテルから近いのも魅力です。

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

雑記
スポンサーリンク
白崎やよいをフォローする
私は私にだけなれる
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました