ひきこもり経験者やご家族にパーソナルカラーを知ってもらうイベントを開催しました

FtX関連
この記事は約6分で読めます。

ずいぶん前(2017/11/29 1年9ヶ月くらい前)に、「ひきこもりの人ほどオシャレをしたらいいと思う」という記事をnoteに書きました。

その後、地元のカラーコーディネーター・今村美香さんにパーソナルカラー診断と骨格診断を含む「トータル診断」をしていただき、自分に似合う色や服の形を知って、普段の生活に取り入れてみました。似合う服のルールを知ったことで、人と接するときに「似合っている服だから大丈夫」という自信を手に入れることができ、人と接するのが格段に楽になりました。

人と接することのほか、服選びも楽になりました。気が滅入っていると思考力が著しく落ちるため、服の選択などという正解がはっきりしない物事は苦痛で仕方がなくなるのですが、「似合う服の選び方」という確実な知識を得たことで簡単に服が選べるようになりました。

そして似合う服を着ていると、人は簡単にほめてくれるということも実体験しました。内面を認めてもらう・ほめてもらうことは難しいですが、「服が似合う」だと皆簡単に言ってくれるのです。なので「頑張った部分をほめてもらう」ということが実現しやすくなり、自信に繋がりやすいのではないかと考えました。

まずは「パーソナルカラー」を知ってもらうところから

ひきこもりトータルビューティープロジェクト」というイベントが関東方面で行われているそうですね。かなり大がかりなイベントのようなので、真似をするのは難しいですが、実現に近づけたいと思い、今年度から少しずつ企画を進めています。

その段階で企画について語ると、地元が田舎のせいか、「なんだかよくわからん」という顔をされます。パーソナルカラー診断や骨格診断のことも、アパレル店員ですら知っている人が少ないらしく、一般市民に至ってはほとんどの人が知らないのではというくらいです。

なので、まずは「パーソナルカラーというものが存在することを知るイベントを!」と思い、2019年9月1日と9月7日の2日間に分け、「道南ひきこもり家族交流会あさがお」と、同団体に付属するひきこもり当事者・経験者の集い「樹陽のたより」のメンバーを対象に学習会を開催しました。今村美香さんを講師にお招きしました。

参加者はごく少数

1ヶ月前に一度だけ告知したところ、参加者は家族の回2名、当事者の回1名とごく少数でした。

ですが、その分、参加者の方々は個人的な質問も今村さんにすることができたようで、参加者の満足度は高かったようです。

あさがお事務局の野村さんには「2人も来てくれたんですか!」と言われて驚きました。道南のひきこもり関連イベントは集客が難しく、ほとんど人が来ないそうです。かなり大規模な宣伝をしても定員割れすることもあるそうです。

今回は内部事情が慌ただしかったこともあり、宣伝に充分時間をかけられなかったので、次からはもう少し宣伝時間を確保したいと思います。次回は冬の間にもうちょっと踏み込んだ内容の体験型イベントを考えています。

無視できない性の違和感

骨格診断で私はストレートタイプなのですが、骨格診断で「似合う」とされる服装は骨格タイプによらず女性らしさを全面に押し出す感じのものが多いです。(参考:with online

自分で着たい服装も女物がメインなので、素直に従うことにしたのですが、その結果「女らしくなった」等と言われるようになりました。それが不快でたまらないことから自分のセクシャルマイノリティという面に向き合うことになりました。結果的によかったのかもしれませんが、自分に関して言えば「オシャレを頑張っても自信には繋がらない」という例なので、「オシャレをすることから自信をつけていけるのか」は自分自身の感想で言うと「わからない」になってしまいます。

しかしながら自分の場合も見られたい性に見える服装を心がけて、それが好印象に繋がっていけば自信になるのではないかと思います。このあたりは後々の課題ですね。

ちなみに今回講師にお招きした今村美香さんはトランスジェンダーの方向けのファッションアドバイスもされていて、ブログには「男性が【女性らしくなる】には【似合う】を知ることが重要」という記事も書かれています。

今村さんのアドバイスを元にFtX・FtMの服装の工夫について自分なりに考えた文章もあります。(余談部分)

パーソナルカラー診断や骨格診断を知るための本

私が読んだことがあるパーソナルカラー診断・骨格診断関連の本は以下の通りです。いくら本を読んでも自分のことが正確にわからないので診断してもらうことにしましたが、本で足りる方はこういう本を参考にするのも良いのではないかと思います。

本当に似合う服に出会える魔法のルール

いろいろ読みましたが、最終的に一番わかりやすく参考になったのがこの本です。関連書籍の中で一番最初に流行った本だそうですね。

骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

これも持っていますが、同じくかなりわかりやすかった本です。解説が豊富なので、自分のタイプを把握したあとなら大いに役立ちます。

似合う服の法則でずるいくらい美人になっちゃった!

電子書籍で読みましたが、買おうかなと思っているわかりやすい本です。この本でパーソナルカラー診断の概要を知りました。マンガ多めで読みやすいです。

靴に関する本も出ているのですが、これも非常によくて気に入っています。どちらも電子書籍だったので、紙で買いたい。

他の本

ここから下は電子書籍で読んだ記録があるのですが、印象に残っていないので、特に良いとは思わなかったらしい本です。これらの本が問題というよりは、どの本も内容が似てくるので差別化が難しい話題なのではないかと思います。

ウェブサイトも情報がたくさんあるので、本を買うほどではないと思う方はサイトを見てみるのもいいかもしれません。

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

FtX関連 雑記
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました