アイキャッチ画像の話 NO IMAGE編

サイト作成・運営
この記事は約3分で読めます。

当サイトで使用しているアイキャッチ画像は、私が過去に撮影してきた写真です。

それぞれがそれなりのエピソードを持っているので、気が向いたときに語ってみたいと思います。

今回はアイキャッチ画像をつけていない記事に設定される画像、題して「どこまでも高く」の話です。

撮影場所はオーストラリアの某所

この画像は、オーストラリアで2003年に撮影してきました。場所はうろ覚えなのですが、確かHealesville Sanctuary(野生動物保護区)に行ったときに立ち寄った場所だったと思います。

池(沼?)の中にひょっこりと生えていた大きな木で、見上げるほど背が高い木でした。

NO IMAGEのアイキャッチ画像にしている理由

この画像をNO IMAGE用にしたことに、実は深い理由がないのです。何となく合っている気がしたのですが、今思うと無個性な感じがする写真だからかなという気がします。

この写真、なんというか、特徴がないですよね。なんということもない曇り空の中で、影のように黒々とした木がそびえているだけ。

NO IMAGE

ですが物寂しい雰囲気の写真だとは思いますが、私の中ではこの写真はポジティブなのです。空が薄暗いですが、単に真っ青なのよりも神秘的な雰囲気があると思っています。その中で高く高く伸びていく木。周りにほかの木もないのに、一人でぐんぐん伸びていく。強さとたくましさを感じますね。

そう言いつつも無個性だなあと思うので、NO IMAGEに合う感じがするのはそのせいなのかもしれません。

タイトル「どこまでも高く」の由来

背が高い木なので、天まで伸びていきそうだなと思うとともに「どこまでも高く」というタイトルをつけました。ひとりでも成長し続ける芯の強さを感じる木です。

ポストカード販売中!

このポストカードを含む6枚セットを悠遊寛緩WebShopで販売中です。

印刷用データも販売中!

この画像を使ったポストカードの印刷用データをnoteで販売中です。

母のリクエストで通信欄が多めとなっています。1枚の画像としてはお高めですが、何度でも印刷して利用できるため、このお値段となっています。気に入ってくださった方はご検討ください!

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

サイト作成・運営
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました