FTMホルモン療法開始から約24週間(12本)。変声を指摘される

当サイトではプロモーションを利用しています。

FtM/FtX
この記事は約4分で読めます。

お久しぶりのホルモン療法経過です。

今月初めから複数の人に「声が低くなったね」と言われるようになりました。

ホルモン療法の経過として残しておこうと思います。

ホルモン療法による変化

冒頭にも少し書きましたが、最近の実感する変化はこの辺りです。

  • 声が低くなったと複数人に指摘される
  • 体毛がやはり少し濃くなっているようだ
  • それ以外の変化は感じない

それぞれもう少し詳しく書いていきます。

声が低くなったと複数の人に指摘される

今月に入ってから、2週間~1ヶ月に1回程度会っている方数人に、立て続けに「声が低くなったね」と指摘されました。他の人が聞いてもはっきりわかるぐらいの声の変化があったようです。

思えばもうそろそろ半年が経過します。FTMの皆さんのホルモン療法の感想を調べていても、開始から半年ごろには声の変化をかなり書いている人が多かったように思います。

が! 発声練習を兼ねた音域チェックはときどきやっているのですが、なんと最低音はホルモン療法3本目の頃からほとんど変わっていないです。

その代わり、最高音はしばらくA4#で安定していたのが、今月に入ってからG4まで下がりました。いきなりガクッと下がってびっくり!!

白崎
白崎

最低音が変わってなくても、最高音が下がると、周りの人的には声が変わったと実感しやすいのかも……。

自分自身でも話し声が低くなったようには感じています。

でも音域としては、最低音はG2~G2#以下にはなかなかならないです。もっと低い音が出せるようになりたかったですが、この辺りが限界なのかもしれません……。女性でも出せる人がいる音域……。

この音域だと合唱ではアルトでしょうねえ。無念。

まあカラオケで歌える曲はたぶんホルモン療法開始前と変わりなさそうです、いいのか悪いのか。喉に良くないので久しく行っていないんですけれども。(高音出しづらいし……)

体毛がやはり濃くなっているようだ

入浴時などに「なんか脛とか腿の毛が濃くなったか……?」と思い、以前一度写真に残したのですが……。

最近の様子を見比べてみると、やはり生えている毛は濃くなっています。が、生えていないところからは生えておらず、増量には至っていない模様です。

顔の産毛も、頬やもみあげ付近、顎の外側など正面の鏡に映りにくいあたりの毛がなんだかもさもさしており、こんなに量あったっけ!? と驚きながら剃りました。毛が細いので目立ちはしないんですけどね。

既に生えているヒゲは特に太くなったり増えたりした実感は無いんですが、でも少しだけヒゲの範囲が広がったような気はします……相変わらず疎らですが。

それ以外の変化は特に感じない

それ以外は、精神状態も体の調子も特に変化は感じません。

男性ホルモンの注射により性欲が亢進するという話があり、心配していたのですが、以前より増した可能性はあるのですが異常と感じるほどではなく、落ち着いています。この辺は若さにもよるのかもしれません……ぼくはもう40代ですからね……。

あ、あと生理も全然来ません。ありがたい。生理痛に似てる腹痛は月に1回ぐらい一瞬起きるのですが……。あれはなんなんだ……。

生理に伴う食欲の変動も起きなくなった……と思うのですが、ときどき無性におやつが食べたいことはあります。一回ちょっと多めに食べると満足するので、生理前の過食と比べるとかわいいもんなんですけどね。

「声変わりするとカラオケに行けない」という説について

FTMの人はよく「声変わり後、音痴になった」とか「声変わり後、カラオケに行けなくなった」と言っていますが……

声変わり後に音の取り直しをしていないだけです。

声変わりでカラオケ行けなくなるなら男性は全員カラオケ行けなくなるし、男性シンガーもほとんど存在しないってとこになりませんか!?

ただ、純男性は声変わりが学齢期なので、学校の音楽の授業で自然と音を取り直すことになるのですが、FTMの皆さんが男性ホルモンを打ち始めるのは多くは学校を卒業してからでしょう。

だからその後に正しい音を出せるようにするためには個人的な訓練が必要なわけですね。

とはいえ特に大変なことではないです。個人の感想ですが。数回練習すれば充分だと思いますよ。

歌うのが好きな方はホルモン療法後も諦めないでください! その気さえあれば問題なく歌えます!

まとめ

  • 最高音が下がってくると周りの人が声の低下を実感しやすいようだ
  • 体毛が濃くなっている気がするが、新規に生えてはきていないようだ
  • FTMがホルモン療法した後も歌う気があれば歌えます!

ホルモン療法に定期的に通う生活が苦痛だという人が結構いるのですが、きっと健康な人だったんでしょうね。ぼくは精神科通院を始める前の子どもの頃から定期的に病院にかかるのが当たり前だったので、特に負担は感じないです。自然に生活の一部になりました。

FtM/FtX
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。性別不合(トランスジェンダー・FtM)でもあります。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました