「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会・オンライン」楽しかった!

FtM/FtX
この記事は約5分で読めます。

「ゲイの人とピロシキを作って食べる会オンライン」参加しに行きました!

オンラインなのに「参加しに行った」とはどういうことかというと、「複数会場で密にならないようにしてオンラインで繋げば開催できるのでは」という話になったそうで、お店で参加もできるようになったのです。

家でちゃんと焼けるかわからないし、作ってる間はキッチンだから家族がいるからZoom参加しづらいしなあ、と会場に行くことにしました。

ぼくがいたのはまるたま小屋。見たことはあったけど初めて入りました! 居心地がいいお店だったので、今度食事に行きたいです。

窓にはレインボーフラッグが飾られていてとても綺麗でした。

ピロシキ詳細

ゲイピロでは、各自で好きな具材を詰めてピロシキを2個作ります。両方同じでもいいし、2種類作るのもあり。

前回1種類しか作らなくて後悔したので、今回は2種類作りました!

1つめ

具:ビーツ、にんじん、パプリカ、ウインナー、ひき肉、ほうれん草、ブロッコリー、ズッキーニなどなど

味:まるたまクリーム、カレー粉、胡椒

カレー風味だけどクリームのコクとまろやかさを感じる、とても美味しいおかず系ピロシキ。おかず系にまるたまクリームすごく良かったです! またやる!

2つめ

具:1つめと大体同じもの+いも、レーズン、クランベリー、あとなにかドライフルーツ、シリアル

味:サワークリーム+ケチャップ少量+胡椒

サワークリームとケチャップの酸味が強め。ドライフルーツがアクセントになって、こちらもなかなか美味しかった。

結論:ピロシキは何入れても美味しい

おかず系ピロシキにまるたまクリームは本当おすすめなのでみんな試してみてください。気持ち塩味強めがいいかもしれない。

白崎
白崎

ぼくは薄味が好きなのであんまり味濃くしないんだけどね。

イベント感想

テーマが「自分のセクシャリティに気づく」だったのですが、あまりゆっくり話す機会がなくて、RHPのFtMさんに話を聞いて終わりました。いろんな人の話聞いてみたかったなあ。トランス以外の人の話が特にめっちゃ聞きたいです。性自認は体の性で、恋愛対象が同性ってピンとこないんですよね。私は心に対しての同性(男性)はよほど内面に惹かれないと愛せないですし……。

今回は学校の先生が多くて、しかも同じ大学だったので、大学の内輪話が多かったのが個人的にちょっとイヤでした。まぁ各自好きに話せばいいんですけども、スピーカーから聞こえてくるので気になっちゃうんですよね。そこの学校の学生さんも多かったので、なんだかすごく内輪的になっちゃうしで。

白崎
白崎

同じコミュニティの人は別会場になるようにしたほうが内輪トークが減って新しい交流が生まれるのかねえ……?

でも高校のときにお世話になった先生に会ったのはびっくりしました。世間は狭い。

性自認の話

「自分はトランスジェンダーじゃなくてトランスセクシャルなんだと実感した」と話したら、性自認に変化があったのかと思われてしまい、前にも会ってる人を混乱させてしまいました。

  • 着たい服は女物
  • 社会的扱いに強いこだわりはない
  • 性自認は男性
  • 男性に近い肉体がほしい

っていうと、やはり典型例とはかなり違うため、理解もしづらいようです。少数派なんでしょうね。

でも改めて話をしたら理解してもらえたようです。よかった。

トランスジェンダーとトランスセクシャルはほぼ同義らしいけれど、ときどき「片方だけ」の人もいるらしく、私の場合はトランスジェンダーの面が薄いです。男扱いされたら嬉しいけど、必須ではない感じ。

「体の性で扱われるのが苦痛すぎて死ぬしかない」という人はトランスジェンダーの面が強そう。それで望む性として扱われるために体の性を変えるという……。

私は社会的な扱いはそんなに希望はないけれど、自分の体は男のほうが正しいので、手術は受けたいです。

白崎
白崎

やっぱすごくわかりづらい気がするな……。

手術やホルモン治療の希望はあるけれど、今は資金もないので、お金貯めながら巡り合いを待つ感じです。40代が終わるまでの15年くらいの間に変われたらいいかなって……。

複数会場を繫いでのオンライン開催について

これは今後、かなり課題がありそうです。

会場ごとの音声がそんなに全部聞こえなくてもいいんだったら、今回みたいな感じでもいいのかもしれません。

けど、会議みたいにどこの参加者の声も平等に聞こえたほうがいいんだったら、少なくともスピーカーフォンは必須だよねっていう。

広角カメラはまぁ、なきゃなくてもいいのかなと思うけど、カメラに入るの結構大変だったので、あると便利なのだろうな。

ちなみに私は両方持っているけど、現時点でRHPのメンバーではないので貸しようがないのでした……。それに1台ずつしかないしなあ。

総評:楽しかった

上のほうにあまり楽しそうでない感想も書いてしまいましたが、総じて参加してよかったです。りょーすけさんの人柄なのか、それともピロシキ効果なのか、会場がまったりしますよね。

それに、お店で参加にしてよかったです。ほんと楽しかった。家で孤独にピロシキ作ってたらあんまり楽しくなかったかもしれない……。

でも、次もオンライン参加可能だったら、次はオンラインで家から参加してみたいなと思います。オンライン参加の人たちの内輪トークが……いやで……。まあ私に場の会話を変えるスキルはないと思いますけども。そういうとき聞き役になっちゃうからなあ。

白崎
白崎

次も楽しみです!

帰って来てからRHPの活動を見学してみたくなったので、メールを送ってみたつもりなんですが、きちんと送れたのか不明です……。フォームの動作が変な感じで……。

追記:上記の件、お返事来ました。フォームが送れたのかどうかわからない不安な動作するので心配してました。今月は無理だったので、都合がつき次第見学に行きます。

宣伝

会場のまるたま小屋さんでは、ピロシキ体験キットを販売しています。

丁寧な説明がついてくるそうで、作ったことがない人でも作れるみたいですよ。(頼んだことないけど……)

私も今度こそ買って家で食べてみたいです! でも、おかず系にまるたまクリームをやるためには具は両方買わなければならないですね……。

RHPではレインボーソックスを売っています。履き心地が良いし丈夫ですし色も綺麗で、使いやすい靴下です。ぜひどうぞ。

FtM/FtX
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました