次々いろんな趣味を始めてしまう理由を考えた

二次障害(うつ病、不安障害)
この記事は約4分で読めます。

私にはいろんな趣味があります。よく言えば多趣味なんでしょうか。どんなものがあるかというと、こんな感じです。

  • アロマテラピー
  • 絵を描く(独学の限界を感じ停滞中)
  • 音楽演奏
  • ゲーム
  • ハンドメイド
  • 写真撮影(何年もやっていないが一応好き)

アロマテラピーは香りを楽しむ以外に、香水を作るのが好きです。

絵は油絵に憧れて練習していたのですが、独学の限界を感じて人に習いたいと思っています(保留中)。油絵以外にはCGでイラストを少々描きます。

音楽演奏はピアノ、ウクレレ、歌唱です。ピアノと声楽は一時期習っていましたが、今はやめています。

ハンドメイドは詳しいことは秘密です。(笑)ハガキ作りもハンドメイドといえばそうなんでしょうか……?

この中で仕事に繋がっているのはアロマテラピーぐらいで、あとは下手の横好き状態です。そのため周りからの目はちょっと冷たいような気がします。

白崎
白崎

気のせいかもしれないけど。

なんでこんなにあれもこれもとやってしまうのか、少し考えてみたら納得いく理由が浮かんできたので、今回はその話です。

「やりたかったなあ」と思いながら死にたくない

私にはやりたいことがたくさんあります。たくさんある理由のひとつが、「うつ病で10年近く人生が止まっていたから」だと思います。

うつ病の最中には、

  • やりたいことが思い浮かばない
  • やりたいと思っても、動けなくてできない

という経験を多数しました。

またうつ病になるかもしれない。

また人生が止まるかもしれない。

白崎
白崎

「やりたいこと」を「やりたかったなあ」と思いながら死ぬのはイヤだ!

うつ病の間、人生が止まっていた

私のうつ病闘病は8年ほどであり、うつ病が治った後もすぐに活発に動くことはできず、2年ほどは休養期間でした。実に10年ぐらい、うつ病が理由で人生が停滞していたのです。

うつ病の最中は本当に何もできず、「食事を食べる」「寝る」の繰り返しで、何のために生きているのか疑問に思うほどでした。ゲームをプレイすることすらままなりませんでした。旧ブログを書いていたのはその頃です。

うつ病から脱して10年ぐらい経ってから、やっと「仕事がしたい」と思えるようになり始め、クラウドソーシングで少し働いてみたりなどし始め、その1年後には会社勤めにチャレンジしました。

が、チャレンジした会社が私の障害特性にあまりにも合わず、うつ病が再発しかけました。もう一度うつになる可能性が怖かったので4ヶ月で退社しました。

「うつはまた再発しうる」と強く実感したことで、私は「またうつになるかもしれない」という恐怖感を抱いたのかもしれません。退社後、人生においてやりたいことがたくさん湧いてきました。

「やらない後悔」は「やった後悔」より重い

これはよく言われることですし、自分の体験としても非常に正しいのですが、「やらない後悔」は「やった後悔」より重いそうです。

私の場合、暮らし方次第でまたうつが再発しうるので、いつまた「やらない後悔」が発生し始めるかわかったものではありません。

あれもやりたい、これもやりたいとたくさん浮かぶのは過去のうつのせい。

それらを「やるんだ! やらないで終わりたくないんだ!」と強く思うのは、未来にあるかもしれないうつのせい。

「重病で余命を宣告されている人は、人生を非常に有意義に過ごす」と言いますよね。それも「やらない後悔」をなくしたいからに違いありません。

私もそれに近いと感じます。いつうつになるかはっきりしないので、余命宣告はされていませんが、「突然急変して死ぬかもしれませんよ」と言われているような気分なのではないかと感じます。

後悔を少なくして生きたい

生きる上で、後悔はできるだけしたくないと感じます。後悔0は無理だと思うのですが、できるだけ減らしたいのです。

特に「やりたいこと」をやらなかった後悔は本当にしたくないので、次々いろいろやってしまうのは、きっとそういう気持ちなのだと思います。

趣味の全てで成果を出す必要はないと思っています。「やっていて楽しい」が趣味だと思うので、その楽しい活動を増やしていきたいと今は思っています。

白崎
白崎

人生が楽しめるようになって、本当に嬉しい!

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

二次障害(うつ病、不安障害)
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました