薄型バインダー「テフレーヌ」でバレットジャーナルがより便利に!

手帳・スケジュール管理
この記事は約3分で読めます。

長らく冊子型ノートでバレットジャーナル(デイリー)を書いていましたが、キャンパスバインダー・スマートリングを使用し始めてからルーズリーフでバレットジャーナルを書くのが自分に合っていると感じました。

またスケジュール管理を表手帳にしたことで、バレットジャーナルに一体化させて持ち歩きたいと思うようになり、ルーズリーフを貼り付けてバインダーに綴じられるようにしてみました。

それに伴い、普通のスマートリングでは表手帳がはみ出してしまうので、もうちょっと横幅のあるバインダーを……と探して見つけた「テフレーヌ」が非常に優秀なので、その話を書こうと思います!

書くときリングが手に触れない「テフレーヌ」

テフレーヌはキャンパスバインダー・スマートリングと同様の薄型バインダーで、以下の点が共通しています。

  • 表紙を折り返してリングノートのように書ける点
  • 汎用的なA5ルーズリーフが使用できる点

そのほかのメリットとして、商品名の由来でもある「書くときにリングが手に触れない」という特徴があります。

上部と下部だけが止まった独特の形状により、ルーズリーフが落ちることは無いながら、書くときに邪魔にならない。リングノートの良さと冊子ノートの良さを両方併せ持ったバインダーです。

またキャンパスバインダー・スマートリングはシンプルで硬派な見た目なのに対して、テフレーヌは綺麗なデザインが多いのも特徴です。

シンプルな「ビズ」、おしゃれな「スタイル」のほか通常版があり、バリエーションが豊富なので、機能性だけでなく外見も好みに合ったものを選びやすいのが魅力です。

「スタイル」はA4書類を入れられるポケットがあり、外出時に持っていくのに抜群の機能で、私は「スタイル」愛用です。表手帳も飛び出さずに綴じることができます。

「ビズ」にも名刺ポケットや書類ポケットがついています。

「テフレーヌ」のデメリット

テフレーヌに感じる唯一のデメリットは、リング開閉がしづらいことです。

テフレーヌは指で上下のリングを片側ずつ開くのですが、キャンパスバインダー・スマートリングならワンタッチで開閉できるので、そこが問題。

ただ私はリングはそんなに頻繁に開閉しないので、妥協できる点です。頻繁に開閉する方は不便さを感じるかもしれません。

スマートリングを改造してみた

テフレーヌがあまりに便利なので、スマートリングのリングを思い切ってテフレーヌと同等に切り落としてみました。ペンチでパキパキ切るだけです。

ワンタッチで開閉できてリングが手に触れないスマートリングの完成~。

ですが結局、使っていません。バインダーの横幅が足りず表手帳ははみ出してしまいますし……。サブバインダーにしようかと思いつつ、活用できていないんですよね。やるならスマートリングBizだったかな。

まとめ

  • テフレーヌは機能性も見た目も抜群
  • 外出に持ち歩くノートがテフレーヌでより便利になる
  • テフレーヌと同等の数にリングを減らせばキャンパスバインダー・スマートリングも使いやすくなる

私が使っているのはスタイルのオーロラですが、いろいろな色・柄があります。

手帳・スケジュール管理
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました