考え抜かれた多数のアイディア!「アイスブレイク&ワークショップ」

書籍紹介
この記事は約2分で読めます。

「アイスブレイク&ワークショップ」約4ヶ月前に購入しました。やっと読み終わりました……。考え抜かれた数々のワークショップに脱帽です。イイトコサガシの軌跡を感じる一冊です。

本書のよいところ

本書の良さは、なんといっても読みやすさでしょう! 各章の導入部はマンガになっており、文章だけでは内容や雰囲気が掴みにくい方も絵的に理解できるようになっています。

ワークショップの内容解説もイラストが多用されており、どのように行うワークショップなのかイメージしやすいです。

ワークショップが全40種とたくさん収録されているのも良いですね。一つ一つが深く練り込まれているワークショップをこんなにもたくさん生み出し、多数開催し、本にまでまとめる……まさに才能なんだなと思いました。これを1冊買っておけば、ワークショップのネタに困ることはない……?

本書の難点

本書の難点、それはワークショップを開催しようと思って読むとプレッシャーで潰れそうになる点です。私はそれで読み終わるのに4ヶ月かかりました。

読み始めて2週間くらいで疲れ果ててしまい、しばらく読めずにいましたが、それから「とにかく一度最後まで目を通そう!」と思ってざっと読むことに目標を変えて、4ヶ月かかってやっと読み終えました。

ですがさらっと読んだだけでは実施できるほど内容が頭に入らないんですね。

また本書ではジャンル別に複数のワークショップが掲載されていますが、ひとつのイベント内でどんな組み合わせでやったらいいのかは自分で模索するしかなさそうです。

白崎
白崎

各章から1~2個くらいずつかなあ……?

そのような点を含め、私にはこの本だけでファシリテーターになれるとはとても思えないのですが、一方で開催してみないとわからないことがたくさんあるだろうと思うのも事実です。

白崎
白崎

実際やってみて思うことは、事前に感じているプレッシャーほど苦痛じゃないんだよね。

失敗してもOKな仲間うちで練習しながらファシリテーターができるようになっていきたい本です。ファシリテーター複数名で交代しながら実施するのもいいかもしれませんね。

まとめ

  • 多数のワークショップが掲載されている
  • マンガとイラストで読みやすく、雰囲気を掴みやすく書かれている
  • 実施しようと思ったら相当大変そう

自分が開くイベントにも、いつかこの本のワークショップをいくつか取り入れられたらなぁと思います。オンラインでできるものもあるかどうか探してみたいですね。理想はオフライン開催なんでしょうけれども。

書籍紹介
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました