札幌ひとり外食・西4丁目「カレーショップ エス」北海道コンビカレー

雑記
この記事は約2分で読めます。

3月上旬、病院通院のために札幌に行き、帰りのランチに西4丁目の「カレーショップ エス」で食べてみました。

メニューは悩んだ末に「北海道コンビカレー」。絵面が面白かったのと、タンドリーチキンのスープカレーとパキスタン風ルウカレーに惹かれました。

お皿が北海道。観光客になった気分です。

白崎
白崎

北海道に住んでるんだけどなぁ……。

ご飯は普通盛(200g)で頼んでしまいましたが、ちょっと多かったです。小盛り(150g)もあったので、お子さまや小食の方でも頼みやすいですね。もちろん大盛りもあります。

辛さも選べますが、中辛にしました。無難な辛さでした。もうちょっと辛くても良かったかも。

スープカレーは初めてでした。味は良かったのですが、どうも私は水気の多いカレーが苦手なようです。特にパキスタン風ルウカレーのほうは水気が多すぎて苦手でした。スープカレーはいっそ食べやすかったのですが……。

ですが「私向けでない」というだけで、完食は問題なくできましたし、タンドリーチキンは柔らかくて風味も良くてもっとたくさん食べたかったです。コンビじゃなければもっと食べられたのか……!?

あと頼んでおいて何ですが、私は海鮮は苦手です。ですが、カレーと合わせるとそんなに苦なく食べられるという発見をしました。においが消えれば食べられるんでしょう。海鮮嫌いの方にも試してみてほしい食べ方です。

白崎
白崎

煮込んで風味がうつっているとダメかもしれない……。

「カレーショップ エス」さんは、水っぽいカレーやスープカレーがお好きな方ならきっと楽しめます。水気の少ないカレーがお好きな方は、他のお店に行ったほうがよいかと。

雑記
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました