FTMホルモン療法開始から6週間。注射後にかゆみが出る

当サイトではプロモーションを利用しています。

FtM/FtX
この記事は約5分で読めます。

5週間の時点で書こうと思っていたのですが、ちょうど遠方のジェンダークリニック通院が被って疲れ果てて遅れてしまいました。6週間経って4回目を打ってきましたよー。

注射は毎回痛みを感じる

1回目は不思議なぐらい痛くなかったのですが、あれはたまたまで、その後は毎回痛いです。といっても針を刺すときが痛いだけで、液の注入は全然痛く感じません。針を刺すときも毎回痛みが違って、痛みが軽い回もありますね。

注射後にかゆみが生じる

注射後、2日ぐらい経つと注射したあたりがかゆくなります。触ると腫れています。さらに数日経つと落ち着きます。

2回目より3回目のほうが腫れとかゆみが強かった気がするんですよね……? これってアレルギーなのかなあ。すごく心配です。

4回目のときに看護師さんに言ってみたら、エタノールのかぶれの可能性を言われてエタノール使わずに拭いてもらったのですが、それでもかゆくなってきて熱を持ちます……。

いやだなあ、続けられなくなったらどうしよう。声が限界まで下がるまでは続けたいんですよね……ホルモン療法……。

ホルモン療法による変化

前回の記事時点で感じていた変化は

  • 声変わりが始まった
  • 筋肉がつきやすくなった
  • ニキビができた
  • 体臭の変化
  • 食欲の減退

だったんですけど、ニキビはちょっとできただけですぐ治まって、その後は特に無いです。

声変わりは継続中、筋肉のつきやすさも特に変わってはないかな? ここしばらく疲労と体調不良で運動できていないんですけど……。

体臭の変化はその後あまり気になっていないですね……。不思議。慣れてきたんでしょうか。トイレで用を足したあとだけは臭いが変わったなって思うことが多いですが、それも慣れてきました。

今回の記事までに感じた新たな変化といえば、性欲亢進ってこのことかな? と思うエピソードが増えたことです。

性欲亢進しているのかもしれない?

男性ホルモン療法を始める前に「性欲亢進」に関して思っていたのは、生理前の一時期みたいな状態が長く続くのかな……というものでした。ぼくは生理前にすごく性欲が高まるタイプだったので。

ところが、「これみんなが性欲亢進って言ってる現象かも」と数回思ったことがあるのですが、なんというか、極めて普通で自然な精神状態と感じるんですよね……?

生理前のやつってすごく昂らされてる感があって不自然で嫌だったんですよ。その頃の食欲亢進とかやたら眠くなるとかも嫌でたまりませんでした。

男性ホルモン療法を始めて以後、性的コンテンツへの関心が以前より少し高まったような気がするんですが、なんというか……自然なんです、ぼく的には。あんまり自然なので変化と感じなかったんですよね。

ただこの感想はあくまでも個人的なものであって、性欲に振り回されるような感覚を覚える人もいるみたいなので、感じ方には個人差がかなりあるようです。

またちょっと痰が出てきた

1回目の注射の直後にすごく悩まされた現象でしたが、その後声変わりがスタートしました。

痰はしばらく落ち着き気味だったんですけど、近頃またちょっと痰が出ます。色のついてないやつ……。

これ、後々調べて知ったんですが、声変わりの症状のひとつらしいですね? また低くなるのかもしれません。まだ注射を始めて2ヶ月経ってないですからね、どんどん下がっていってほしいです。まだ声域で言うとアルト。

ちなみに喉を触ったときに喉仏の存在を感じやすくなりました。見た目にはわかりませんけれども、少し大きくなりましたね……。以前は本当に小さくて! もうちょっと立派にならないかなあ。

食欲は戻ってきた?

食欲減退気味と言っていましたが、だんだん食欲が戻ってきたような気がします。食事を残す機会が減りました。

といっても間食は滅多にする気にならず、すると食事が入らなくなるなど、以前とは違って胃の容量に限界がはっきりできた感じがあります。

以前は食べようと思えばいくらでも食べられたんですよねー……。あれって女性ホルモンで食べてたのかなあ……。

生理の出血が16日間続いた

そうそう、2回目の注射の頃に生理が来たんですよ。その出血がなんと16日間続き、3回目の注射が終わってから出血が止まりました。

生理痛は無かったし、出血量も少なくて、負担はあんまりなかったんですが……とにかく長くて、ナプキン洗うのが面倒臭かったです……。(布ナプキン派)

こんなおかしな生理が来たのは絶対男性ホルモン療法のせいなので、どこにも相談できずちょっと困りました。出血が止まってくれてよかった。

胸への嫌悪感で苦しみを感じた

ホルモン療法と直接は関係ないんですけれども、外出しようとしたときに、胸への嫌悪感が凄まじかった日がありました。

ぼくは今は日常生活で毎日は胸を潰しておらず、きちんとした服装で出かけたいときだけなんですけど、その日は嫌悪感に耐えられなくて胸を潰しました。

やっぱり手術しないとダメかも……と思いますね。もし手術しなくても耐えられるようになれば、しないで済んだほうがいいんですけど……。なんといってもまず費用がね……。

戸籍変更条件が緩和されたらここら辺の問題も変わるかもしれないので、今後に期待しています。

まとめ

  • 注射後にかゆみが出るのが不安
  • 性欲亢進ってこのことかも? と思う機会が増えたが、とても自然な感覚
  • 胸への嫌悪感は相変わらずある

今一番不安なのはかゆみのことです。注射、続けていけるといいな……。

FtM/FtX
読んだ甲斐がありましたらシェアしていただけると嬉しいです!
書いた人:
白崎矢宵(やよい)

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。性別不合(トランスジェンダー・FtM)でもあります。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎矢宵(やよい)をフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました