冬に備えてKEENのウィンターブーツとダーンタフの靴下を買ってみた。

雑記
この記事は約3分で読めます。

私は冷え性で下半身冷えが強いらしく、冬場は足の冷えに苦労します。それもあって、私の今年のミッションは、秋ごろに冬に備えてブーツを買うことでした。できるだけ暖かいものをと考えて予算は1万円ぐらいを考え、春先から貯金していました。

そして今日、店頭で50%OFFになっていたKEENのエルサエルというブーツを買ってきました。Amazonによると旧モデルらしいですね。

50%OFFだったので、お値段6912円也。(7040円は増税を見越した表示だそうです)

まだ冬になっていないので、冬場の暖かさがどうだったのかは不明です。後ほど追記しましょう……。

冬に使いたい靴下を買っておいて試着した

冬用ブーツを買うにあたって、私がやっていたことは冬に使う靴下を買っておいて店頭で試着すること。試着なしで靴を買うのは怖いので、絶対試着したかったのです。

冬に使う靴下はいろいろ考えた末にダーンタフのクッションを買ってみました。(8月に)

ダーンタフの靴下

冬場使おうと思って用意したのはダーンタフ。丈はマイクロクルー、厚みはクッションです。呪文みたいでわけがわからないですね。

ダーンタフは生涯保証の靴下ということで興味を持ちました。ウールの靴下は穴が開きやすいので、スマートウールやモンベルも検討したのですが、値段的に同じくらいだし耐久力があるダーンタフのほうがいいなぁと……。クッション入りということで、事前に買っておいて、靴の中で窮屈でないかを確認したいと思いました。

格の違う履き心地

1枚約3000円の靴下買ったのは初めてなのですが、履き心地の格が違います。抜群のフィット感と、歩いているときに土踏まずを支えて姿勢を正してくれる感覚があり、やみつきになりそうな履き心地です。山歩きが趣味の人に人気がある靴下だそうですが、納得です。

それに加えて、履いていてもサラッとしています。9月に履いて外を歩き回っても全く暑くありませんでした。9月といっても例年より遥かに暑く、7月くらいの猛暑の一歩手前くらいの気温な気がします。なのにサラサラして履き心地をキープしたまま、暑くも寒くもない快適さ。

非常に快適だったので、1年中ダーンタフで過ごしたいと感じました。ちょっとずつ買い足していきましょうかね。

ダーンタフの靴下のわかりづらい商品名について

ダーンタフの商品名は呪文のような表記になっており、慣れないうちは全く解読できないのが難点です。

主に見ればいいのは「長さ」と「厚さ」ですね。「【永久保証付き】一生涯履けるダーンタフの靴下が凄いので買ってみた話【無償で交換】~2018.10/11更新~」の「2.3. ダーンタフ バーモントの種類」という項目に詳しい解説があります。私もこちらのサイトを参考にしたら商品選びができるようになりました。

実際に着用して冬を過ごしたら追記します

今回は「買ったよ」というだけの記事だったので、実際の暖かさがどうだったかは冬になってから追記したいと思います。

今回買った靴:

今年の冬使う予定の靴下:

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代です。肉体の性別に違和感がありFtXなのではと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

雑記
白崎やよいをフォローする
私は私にしかなれない
タイトルとURLをコピーしました