現時点で性別違和治療に望むことをまとめた

FtM/FtX
この記事は約3分で読めます。

性別違和の「治療」とはとても違和感のある表現ですが、そんなことを言っても始まらないので、治療に望むことをまとめました。

現時点での希望

  • 乳房はいずれ切除したい
  • 男性ホルモンは少なくとも声変わりするまでは打ちたい
  • 卵巣摘出は希望しない
  • ゆえに戸籍の性別変更も希望しない
  • 戸籍の氏名も変更しない(元々男女両方で通用する名前のため)

現時点で、上記のような考えでまとまっております。

自然に「女性」のカテゴリーに入れられる苦痛が強いため、その点をどうにかしたいと考えています。

一方で、趣味が女装のため、「男」と認識してもらえそうな要素がある程度整えば(具体的には声、平らな胸など)、それ以上は求めなくても良いかと考えています。

FtMのような、FtXのような、ですね。自分の生物としての本能は男性だと感じるのですけどね。

声が男性で服装は女性のMtFさんのような雰囲気になれたら理想かなあと考えております。性自認としては異性の存在なので、これもまた奇妙な話です。

手術可能な病院

山梨大学医学部附属病院の形成外科では、ガイドラインに準拠したジェンダー委員会での承認とその証明書があれば、保険適用での手術が可能とのことです。また乳房切除は約1年待ちとのことです(2020年2月25日現在)。

何週間か前に見たときには3ヶ月待ちとあった気がしました。希望者がそれだけ多いのでしょうか。

ホルモンと手術、どちらが先か

保険適用で手術を受けることにこだわれば、手術が先となります。ホルモンを先にしてしまうと、現状では手術も自費になります。

ですが私が通うことができる範囲にジェンダー委員会の承認が得られる病院は無いような気がします。遠方に引っ越しでも考えなければ難しいです。

そうすると現実的には「手術は諦め、ホルモンを満足するまで打った後にやめる」となるのかもしれません。

乳房除去手術も、声変わりも、30代のうちに迎えたいです。あまり遅くなっては意味がないと感じます。

声変わりすると、身分証明を電話でするときに不便だそうですが……。それを理由にためらう気にはなれません。理想的な男性声にはならないとも聞きますが、明らかな女性声よりはマシのはずです。

まとめ

白崎
白崎

声を変えたい。胸を取りたい。卵巣はあってもいい。

ここまで自分の考えの変遷を書いてきましたが、「自分の性の多様性を認められていなかった」と思うようになってからは、かなり心が楽になりました。

病院に初めて相談に行ってから現在までの考えの変化をざっと追いたい方は以下の記事を順にどうぞ。8記事もありました(本当はもっとあります)。

性同一性障害の相談をしに病院に行ったら、かえって悩みが深くなった
自分が性同一性障害なのではないかと思って病院に相談に行ってみました。と書くとあっさりなんですが、本格的に悩み始めてから病院に行くまでに15年かかりました。1年や5年の誤字ではなく15年です。fifteen yearsです。...
胸オペへの恐怖と「本気の悩みじゃないのでは」という苦しみ
胸が存在し続けるのは不快だ。でも、手術は怖い。切り取ってしまいたい。でも、手術は怖い。先日診察を受けて以来、そう思うようになったのですが、余計に自分を追い詰める感覚が一つあるのを感じます。白崎本気度が低いせいでこ...
望む性に「なりたい」と思うのは変身願望?トランスジェンダーの悩み
15年くらい前の大学生のころ、成人式で振袖を着るために着物用下着を着て、平らになった胸を見て白崎これが本当の自分だ!と思いました。えも言われぬ解放感で、とても嬉しくなったのを今でも思い出します。それまでも自分の...
ホルモン治療すら無理?GID治療への不安を本当の願望に裏返す試み
連日うじうじと悩み事ばかり書いていたら、だんだん悩んでいることが馬鹿らしくなってきました。悩みすぎて吹っ切れたのかもしれません。ですがせっかくなので、悩んだ内容は残しておきます。数日前、「胸オペなどの手術が怖くてしょうがない」と書...
性別違和で病院受診2回目。やはり男性ホルモンは打ちたいと思った
8日、9日と札幌に1泊2日していました。狸小路商店街の付近のホテルに泊まって便利さに感動。白崎アーケードのある商店街って素晴らしいですね……!!○条△丁目の歩き方を習得して「便利では?」って思ったりしているうちに、札幌...
性自認が長年はっきりしなかった理由についてまとめた(FtM視点)
私は長いことFtXとして生きてきて、最近になってやっと自分の性自認を「男と思っていいのではないか」と思い始め、FtMと思うようになりました。まだホルモンも手術もしていないので(ノンホルノンオペと言うらしい)、厳密にはFtMではない...
「誰かに性自認を名乗る権利を与えてほしかった」という気づき
私は小学生のころから自分の肉体の性(女性)に違和感がありました。どこに相談したらいいかわからず、誰にも相談できないまま、本やテレビで性同一性障害のことを調べていました。(当時、インターネットは現代ほど普及していませんでした)...
「多様な性のありかた」を他人だけでなく自分にも許せる気がしてきた
「にくをはぐ」というトランスジェンダー男性(FtM・肉体が女性で心が男性の人)を描いたマンガが話題になっていました。そのマンガの感想として、登場人物の保守的なジェンダー観を指摘していたnoteに出会いました。...

書いた人:
白崎やよい

発達障害、特に自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)と診断されています。30代半ばです。肉体の性別に違和感がありFtMだと思っています。道具やサービスを使って自分の生活を改善しながら、気になった情報を雑多に発信しています。著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です。

白崎やよいをフォローする
著書「アスペルガーだからこそ私は私」発売中です!

母との共著の本「アスペルガーだからこそ私は私―発達障害の娘と定型発達の母の気づきの日々」生活書院様より発売中です。
以前書いていたブログ「他者と私とアスペルガー症候群」の記事を抜粋し読みやすく書き改めたもので、6年近い自己分析の集大成です。
母から見た生育歴、母と私のすれ違いを解消した記録もあります。自閉スペクトラム症の子と定型発達の親のすれ違いが両方の視点から読める本です。

FtM/FtX
スポンサーリンク
白崎やよいをフォローする
私は私にだけなれる
タイトルとURLをコピーしました